アニメやゲーム記事 プリキュア関連

notebook

アニメ イラスト ガンダム

[illust]ユニコーンの日<メイキング>

更新日:



SAIの使い方も何枚か描くことで少しずつですが、慣れてきたようにも思えます。前回の「アニメ三銃士」でも一部に好評だったイラストメイキングですが、ガンダムUCのイラストメイキングを今回はお送りいたします。

 

ガンダムUCの作画過程をご紹介!!

まずは、完成系としては以下pixivをごらんください→コチラ

 

STEP1:アタリを入れる

20140527a
まずは、キャンバスに描きたいイメージをラフで描きます。今回は構図的には描く前から決めていましたので、さほど時間はかかりませんでした。だめなときはこの作業で何度も描いて諦めちゃうこともしばしばです。
イメージとしては、バナージとオードリーを真ん中で走らせて、ガンダムUC1話でも特に印象的なユニコーンガンダムの機動シーンを背景においています。

 

STEP2:仮の色置き

20140527b
この辺から人によって作業が分かれてくるかと思いますが、私は下描きの清書は基本的にはしません。かといって主線無しの絵を描くわけでもないんですが、清書をしっかり描くとおそらくラフ→描き起こし→清書の流れになって、3回も同じ絵を描くといった時間と体力に余裕がないので、だめなんでしょうけども、すぐに色付けに入ります。ひどいときにはラフ無しで色置きから入ることもあったり・・・・・。
そんな訳で色置きなので、ザックザクと全体のイメージを捉えられるように色を仮置きしていきます。今回は爆発にて背景を誤魔化してしまおうという計画なので、爆発イメージも入れちゃいます。

 

STEP3:カーディアスを描く

20140527c
ここからがまともに絵を描き始めるかんじですかね。このステップでは右端のカーディアスを書き起ししています。カーディアスから描き始めた理由は「簡単そうだから」という点です。これである程度描ければ筆が乗ると期待しての事・・・・。
描き起こしでは、ラフでだめだった配置の修正も多少行います。今回でいうと一回塗り終わりましたがカーディアスが似てなかったので、目の周りを描きなおしました。特に眉毛の位置が高すぎたので、低くしています。あわせて微妙な表情も意識して色を塗ります。カーディアスはここで死んでしまいますので、目の周りも多少赤みつけて苦悶感を出そうと画策しました。

 

STEP4:ユニコーンガンダムを描く

20140527d
今回の絵がショボくなって止めてしまうかどうかの、一つの試金石となるユニコーン。デッサン力がなくメカが描けない私にとっては中々のハードルになります。手元に資料がなかったので、ググりまくりまして、プラモの画像を元に描いていますが、ラフにそった角度の画像がなく、いい加減な想像で色を置いている箇所も多々ございます・・・・・。しかしながら、なんとかこの絵を描き進めようかな・・・というレベルの絵になりましたので、個人的にはホっと一息でした。

 

STEP5:バナージとオードリーの主線を引く

20140527e
背景の2つがなんとかなりましたので、メインの2名を描き始めます。前回描いたガンダムUCでもオードリーの顔には、満足できなかったので、今回は取り合えずバナージ側から密度を上げていく事にしました。よくこのタイミングでポーズが変わることも多々あるのですが、今回はオードリーの右手をたたんでいる形から引っ張られている感を出すためにダランとさせています。

 

STEP6:バナージを描く

20140527f
バナージの細部に関しても手元に資料なんかないので、ググりましてフィギュアの画像を参考にしました。個人的にはフィギュアって出来がものすごく良いものがおおいので、下手な設定やイラストよりも、よく形状がわかって便利です。
そんなバナージですが、上下ともに青系統の服なので、そのままぬったらノッペリしてしまったので、ちょっと下をGパンっぽくカスレをいれて塗りました。

 

STEP7:オードリーを描く

20140527g
結果として、オードリの顔は4~5回描きなおしました。過程も画像とっておけばよかったと後悔ですが、ラフにあわせて目をおいたら大きすぎて小さくしています。また眉毛も上げたり下げたり繰り返して模索しました。クチは結果的には満足していませんが、開けたり閉じたり食いしばったりいろいろさせましたが、全部イマイチでポカーンに落ち着きました。
また、服のフワヒラ感が、前回も失敗したのですが、今回も満足には程遠い出来・・・。デッサンおよび選色もいろいろ考えないとこれは今後も向上しなさそうですね・・・・。

 

STEP8:背景をなじませる

20140527h
ここまでレイヤについて、一切触れていませんが実際にレイヤ使ってないんですね。たぶんちゃんと使いこなしている人は1キャラごとにレイヤ分けしてしっかり管理、加工して作品仕上げると思うのですが、私がそれをやるとレイヤごとに絵が浮いちゃうんですよね・・・・。エフェクトで誤魔化すってのも手ですが、なんとなく気持ち悪いので今のところは1レイヤ描きです。
そんなわけで、ラフのままだった背景の爆発を多少描き加えて、描くキャラが浮かないようになじませています。

 

STEP9:エフェクトを入れる

20140527i
基本的にはあんまりCGっぽい仕上がりにしたくないので、色調補正程度にいつもはしているのですが、今回は爆発シーンを描きますので当初からエフェクトを入れる予定でした。
今回はユニコーンにしたから赤のスクリーン当てて、カーディアスも輪郭にそって赤スクリーンを当てています。あとは爆発部にも同様に赤スクリーンを当てています。更に火花?として黄色のスクリーンで色を置いてぼかしをかけています。ユニコーンも起動時に目がキュピーンってなる感じを緑スクリーンで表現しました。

 

STEP10:レタリング作業

20140527j
今回はEP1をイメージして描いたので、当初より文字入れを想定。ただ日本語入れると締まらない感じが出てしまうので、どうしようかなぁって最後まで悩みました。フォントもいろいろ試しましたが、あんまりクドくなくてスッキリした感じにしたかったので、クセの少ないゴシック体でまとめました。
また、白文字なので、レイヤ複製→青文字化→ぼかし→オーバレイで文字が沈まないようにしています。

 

以上で、今回のメイキンは終了です。
CGとしての技術的なテクニックがほとんど駆使されていないので、ネットでよく見かけるHOW TOと比べるとありがたみがほとんどありませんが、私なんかがそうですが、人の絵が出来上がっていく過程をみるってのは、それはそれで面白いと思いますので好評でしたら再度メイキング掲載をしたいと思いますね!

 


GoogleAdsense

<script data-ad-client="ca-pub-5019825310139846" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>

GoogleAdsense

<script data-ad-client="ca-pub-5019825310139846" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>

おすすめ記事

-アニメ, イラスト, ガンダム
-, , , ,

Copyright© notebook , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.