アニメやゲーム記事 プリキュア関連

notebook

IT UNITY

[UNITY]カードゲーム製作④

更新日:



YOUTUBEのHOWTO動画を参考にオリジナルのカードバトルをUNITYで製作するシリーズ第4回。

前回はカードModel、View、Controllerを実装し、手札を一枚表示させるまで実装しました。今回もひきつづき参考動画をもとにゲーム製作を進めていきます。

 

1.ドラッグ&ドロップによるカード移動

前回では手札としてカードインスタンスを動的に生成し、ScritableObjectからパラメタを取得した上で表示するまでを実装しました。今回はその手札を操作する部分の実装となります。

 

1)実施内容

・カード移動用のCardMovementクラスの実装

・カードを置く場所のDropPalceクラスの実装

 

2)終了時点の状態

手札をドラッグ&ドロップして移動させる実装ができました。また、DropPlaceクラスの実装は手札フィールドと配置フィールドに実装しているため、それ以外の場所にはドロップできません。ドロップすると元の位置に配置されます。

 

2.ゲーム開始時の実装

カード移動を実装したので、次にターン終了の実装およびゲーム開始時の初期配置の実装となります。

 

1)実施内容

・ゲーム起動時に初期配布を3枚

・ターンエンドボタンの処理実装

 

2)終了時点の状態

初期配置として自分の手札と相手の手札をそれぞれ3枚づつ配置。ターンエンドボタンによるターン終了および相手ターンの終了を実装しています。ターンについてはコンソールログ部分に「player turn!!」「enemy turn!!」と表示されています。これが見た目としてはわかりませんがコード上では処理が切り分けられているのがわかると思います。

 

参考サイト

本記事についてはほぼ「Unityゲームスタジオ スタジオしまづ」さまの動画を参考に作業しております。本記事を元に興味をもった方がおりましたら、YOUTUBEサイトのほうで「登録」されてはいかがでしょうか?

 

 

 


GoogleAdsense

<script data-ad-client="ca-pub-5019825310139846" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>

GoogleAdsense

<script data-ad-client="ca-pub-5019825310139846" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>

おすすめ記事

-IT, UNITY
-

Copyright© notebook , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.