アニメやゲーム記事 プリキュア関連

notebook

IT UNITY

[UNITY]カードゲーム製作②

更新日:



YOUTUBEのHOWTO動画を参考にオリジナルのカードバトルをUNITYで製作するシリーズ第二回。

今回は参考動画をもとにゲーム製作を進めていきます。

 

1.UIの実装

まずは参考動画の1本目を進めていきます。

 

1)実施内容

第一回の動画では以下のような内容となります。さすがに動画をみながらであれば何の問題もなく終了しました。

・Canvasの配置

・Cadeの雛形製作→Prefab化

・Panelの配置→Component化

・UIの基本レイウアトの完成

 

2)終了時の状態

 

2.カードの生成

二回目からはコーディングが発生するようです。

 

1)実施内容

第二回の動画では以下の内容となります。

・手札インスタンスの生成

 

2)終了時の状態

前回は配置画面でしたが今回は実行時画面となります。手札ゾーンに配置された1枚のカードがあります。これが今回コーティング(1行なんですけど・・・)によって配置された手札カードとなります。

 

3)思わぬ苦戦

VisualStudioとの連携が上手くできなくてなかなかコーディングに入ることができませんでした。原因はもともと入っていたVisualStudio2017Communityのせいでした。UNITY側で使用するVisualStudioのバージョン指定を実施したところ無事コーディング作業に入ることができました。

その辺りの設定については「UnityでVisualStuioをデフォルトのエディタに設定する」を参考にさせていただきました。

 

3.まとめ

第2回の記事では動画#1~#2を参考に作業を実施しました。さすがに第一歩目なのでつまづきはありませんでした。

次回はこのつづきから作業をすすめていきます。

 

参考サイト

本記事についてはほぼ「Unityゲームスタジオ スタジオしまづ」さまの動画を参考に作業しております。本記事を元に興味をもった方がおりましたら、YOUTUBEサイトのほうで「登録」されてはいかがでしょうか?

 

 


GoogleAdsense

<script data-ad-client="ca-pub-5019825310139846" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>

GoogleAdsense

<script data-ad-client="ca-pub-5019825310139846" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>

おすすめ記事

-IT, UNITY
-

Copyright© notebook , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.