アニメやゲーム記事 プリキュア関連

notebook

イラスト

[PIXIV]イメージレスポンスって??

更新日:



PIXIVを使用して長い時間がたちましたが、今までは結構一人でやってまして他ユーザーとのコミュニケーションなどは、ほとんど実施していませんでした。先日、イメージレスポンスなるものをはじめて体験しましたので、その内容を失念防止もかねて記事にしておきます。

 

pixivでイメージレスポンス機能を活用してみよう!!

イメジーレスポンスとは??

なんだかよくわからなかったので、ヘルプを確認すると下記記載があるのですが、分かったような分からないような内容です。

特定の作品に対して作品でレスポンスを行うための機能です。
「描いてみた」や企画参加など、作品から連想されたイメージを形にしたら、イメージレスポンスで作者やみんなに伝えてみましょう。

 

イメージレスポンスのやり方

やり方自体は非常に簡単でした。
ヘルプにその詳細がありましたので、それはリンクしておきます

 

結局は何に使うの?

私なりの解釈ですが、きっとこのイメージレスポンスに関しては「お題絵に対しての回答」するのに適しているのだろうと考えます。

たとえば・・・・・
「線画描きました!是非”塗り絵”として塗ってください!」
といった使い方が考えられますよね。

 

実際の使われ方は?

現在のPixivでは「イメージレスポンス」および「イメレス」タグが存在しています。
その検索結果をみると、数多くの「お題」が用意されています。
「○○を描いてみよう!」的なものが多いですが、そういった意味では「描くネタに詰まった」時などは、こういったネタに参加して筆を動かすといったのも有効かもしれませんね。

私もざっとイメージレスポンスのネタをみていたんですが、「pixivの点が伸びないユーザーに聞きたい50の質問」について、切実な悩みなので参加してみようかしらっておもっちゃいましたね・・・・・。

 

 もっともっとPixivを活用したい!という方はコチラがオススメ!!

 


GoogleAdsense

<script data-ad-client="ca-pub-5019825310139846" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>

GoogleAdsense

<script data-ad-client="ca-pub-5019825310139846" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>

おすすめ記事

-イラスト
-

Copyright© notebook , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.